私の副業体験~何故副業をするのか?副業の良し悪し~

By: KamiPhuc

私は過去に、小さな部品にシールを貼っていく内職や、簡単なデータ入力作業、広告のポスト投函、アンケートモニター等数々の副業を行っていました。現在も進行中のものもあります。副業のメリットは自分の都合がいい時間に都合のいい分だけ行えばいいという点、人との関わりがあまりなく、自分ペースで勧められる事にあるのではないでしょうか。

私の本業は主婦です。旦那と3人の息子達と生活しています。生活の中心は家事と子育てです。末息子を朝9時頃幼稚園へ送りだし、午後2時に帰宅する、その間の時間に掃除、洗濯、買い物を済ませ、副業を行っているのです。旦那の給料が決して少ないわけではないのですが、自分で遠慮なく自由に使えるお小遣いを得る為です。

平日に2~3時間、副業を行っていますが、稼ぐ額は1ヶ月に1万5千円位です。副業にも高額な物も存在しますが、何のスキルもない私のような平凡な主婦はどんなに頑張ってもその程度にしか稼げなうのが現実です。

体験した副業の中で最も稼げたのは広告のポスト投函です。広告の部数にもよりますが、一軒あたり5円位でそれを2日がかり(5時間位)で500部配布していました。体を動かすので運動にもなりやりがいもあります。

逆に一番割に合わなかったのは、シール貼りの内職です。決まった枠にはみ出さないよう慎重に貼っていく作業は、神経を使いとても疲れます。10枚貼っても2円程。やってて面白みもなく飽きてくるのでなかなかはかどりません。この内職はすぐに辞めてしまいました。副業は時間に合ったものを見つけられると、生活に変化も出て、なかなか楽しいものだと思っています。

今興味あるのはおすすめ副業.comというホームページに書かれているFXを使った副業なのですが、未だに勇気が出せず、その一歩が踏み出せません。将来の自分への投資として始めてみたい気持ちはあるんですけどね。

飲食店のダブルワークで楽しみながら副収入

By: midorisyu

私は、ダブルワーク歴が15年近くになります。20代前半は、会社が終わった後に、キャバクラやラウンジ、クラブといった水商売で副収入を稼いでいました。夜の世界や、お金に魅力を感じていたからです。お酒の飲み比べをして、一杯増えるごとに一万円札をボトルの下にお客様が足していく。

最終的に勝った方が全部頂けるというお遊びをして、副業でさらに臨時収入を得たり。30代になってからは、飲食店の配膳をする様になりました。お客様と会話をしながら接客をするスタイルのお店ですが、様々なお客様と色々な会話をさせて頂けるのが魅力で楽しんで働いていました。どちらも飲食業で、人に接するのが楽しかったから続けてこれたのだと思います。

お客様からの『ありがとう』が嬉しくて、『また、来るよ!』は、もっと嬉しくて、その言葉を聞きたくて、色々努力もしました。外国人のお客様が見えた時には、バックヤードでこっそり携帯の翻訳機を使って、料理の名前や材料名を調べて、あんちょこ作って、配膳時に英語で伝えたり、その小さな努力が、あとあと別のお客様を連れて来て頂けたりして、楽しんで努力が出来る環境でした。

本業も副業も、どんな気持ちで仕事に臨むかで、結果は天と地ほど変わってくると言うことを学びました。やはり、プライベートでどのようなことが起きていても、それは誰にでもあること。仕事中は、仕事に集中することが大事なのだど、沢山の方々と触れ合う中で学びました。

写真販売は、趣味で稼げる楽しくて嬉しい副業。

By: Rob124

ちょっと斜に構えて世の中を見てみますと、実にいろんなことが見えてくるものでございます。確かに日々忙しく、なかなかそういう余裕が持てないから、冷静な気持ちで考えることもできなかったんじゃありませんかね。でも、冷静になることは本当に大切です。もっとまわりを見てみることも必要なんじゃないでしょうか。

そうすると、今まで見えなかったものも見えてくる感じがいたします。たとえば、副業をしたけど、なかなかいいお仕事が見つからなかった、という場合でも、ちょっとインターネットで検索してみれば、なんだ、こんないいものがあるじゃないか、という新しい発見があるかもしれませんから。

まわりくどい言い方になってしまいましたが、おすすめの副業は、写真販売、というものなんですね。最近じゃ多くの方がこれをやられて収入を得ています。テレビでも紹介されてました。写真販売の副業とは、自分の撮った写真を写真素材集サイトに登録して、そこで販売をするわけです。そんでもって売れたらお金がもらえる。

趣味で稼げる嬉しい副業でございますし、あくまでも好きなものを撮影していられるという点もいいですね。まあ、技術がある人はなにも問題はありませんが、写真に関してまったくの素人という人でもできますから安心です。実際にはカメラの技術がない主婦の方でも、お金を稼いでいらっしゃるんですから。

ちょっと前ならレンタルポジってなものが使われてましたが、あれはものすごく高いものでしたからね。ちょっとしたものに使いたい写真ということで、このお仕事が増えてきたんでしょう。

投資信託よりもスピーディーな出金が可能なFX

By: Thomas8047

資産運用でポイントになる点の1つは、最終的にお金を受け取る為のスピードです。できるだけスピーディーに受取たいと思う方々も多い訳ですが、資産運用の商品によって、それも異なってくるのですね。
ちなみに数ある商品の中でも、FXなどはかなりスピーディーな傾向があります。なぜなら金融会社によっては、相当なスピードで換金をする事ができるからです。

例えばある金融会社では、即日の換金をする事ができます。その金融会社で売買を行った日が、例えば12月の11日だったとしましょう。それで利益が発生して、当日中に決済をしたとします。それで当日中にお金を引き出すことができる金融会社も、中には見られるのです。営業時間などに関する様々なルールはありますが、所定の時間までに手続きを行えば、当日中に引き出しができる会社も中には見られます。

ところが他の投資商品の場合は、それが難しい事も多々あるのです。その代表的な投資の1つが、投資信託になります。それはかなり日数がかかると考えた方が良いでしょう。例えばある投資信託の場合は、解約までには最低5営業日くらいを要します。ですので上記のように11日に解約の手続きを行ったとしても、どれだけ早くても16日位になってしまうでしょう。しかも日数ではなく営業日になりますので、状況によっては18日などにずれ込んでしまう可能性もあります。それだけ多くの日数がかかる訳ですから、いち早くお金を受け取りたい方にとっては、少々不便な一面があります。

ところがFXという商品の場合は、前述のような状況なのですね。したがって数ある金融商品の中では、出金スピードに大きな特徴があるとも言えるでしょう。ただし全てのFXの会社にて、上記のようなスピードが実現できる訳でもありません。やはり金融会社によって色々と違いがあり、中にはもう少し日数を要する所も見られる訳ですね。しかしそれでも、投資信託に比べれば圧倒的に早いです。やはりそのスピードは、FXの大きな魅力の1つと言えます。

不動産投資と違って物件管理などの大きな手間は無い

By: Nick Kenrick

私たちが資産運用をするとなると、様々な手間が生じる可能性があります。そして人によっては、その手間の大きさで悩んでしまっているのですね。例えば不動産投資などでは、その大きな手間が生じるケースも珍しくありません。なぜならその投資方法の場合は、物件に関する管理の手間が生じるからです。いわゆる家賃収入を目的とした投資方法の場合は、まず入居者からお金を回収しなければなりません。問題は、その回収に関わる手間ですね。

というのも入居者の全員が、無事に家賃を支払ってくれるとも限りません。中には滞納が発生してしまう入居者も見られるのですが、その場合はオーナー自らで督促に行かなければならない事もあります。そして督促は、とても言い出しづらい一面があるでしょう。何とかして家賃を回収したいとは思うものの、どうやって督促をすれば良いかお悩みのオーナーの方々も多く見られます。ところでFXも、資産運用の商品の1つですね。この商品の場合は、上記の手間に関するメリットがあります。

そもそもFXの場合は、誰かに対して督促をする必要は一切ありません。いわゆる滞納などが生じるリスクは極めて低いので、賃貸物件の管理業務なども発生しない訳ですね。不動産投資の場合はそれが発生するので、やや手間が大きいとも言えるでしょう。その意味では、FXの方が不動産投資よりはメリットが大きいと思います。ただしFXで「全く管理の必要が無い」という意味ではありません。状況によっては、別の意味での管理は必要になるのですね。

例えば現在自分が持っている建玉です。この金融商品では複数の建玉を保有する事もありますが、たまにそれを整理する為の管理が必要になる訳ですね。その意味では、多少の手間は発生するとは考えて良いでしょう。しかし、せいぜいそれ位です。少なくとも不動産投資のような督促の手間はまずあり得ないので、それだけ少ない手間で資産運用ができるのが、この金融商品のメリットとも言えます。

家賃収入と違って借金が残るリスクはとても低い

By: Jennifer C.

近頃では、家賃収入に興味を覚えている方も増えつつあります。退職金などを用いて、効果的な資産運用を考えている方々も多い訳です。確かに家賃収入は、ある意味で大きなメリットがあるとも考えます。上手く行けば多くの収入が入ってくる可能性はありますので、それでお金を増やしたいと思っている方も多い訳ですね。まして最近では、日本の銀行口座の金利もかなり低めになっています。銀行によってはほとんどゼロに近いほどの金利なのですから、やはり家賃収入に興味を覚えるのも自然な発想ですね。

そして家賃収入は、よくFXと比較されます。どちらも資産運用の目的がありますので、果たしてどちらを選べば良いかとの問題が浮上する事も珍しくありません。それにも様々な意見はありますが、少なくとも負債が残る確率が低いという意味では、FXの方がメリットが大きいと思います。なぜならその金融商品では、基本的には借りる事がほぼ無いからです。実はFXではなく家賃収入を目的とした方法の場合は、お金を借りるケースは案外多いのです。というのも物件を綺麗な状態にしない事には、なかなか入居者が集まらない傾向があります。ですので人によっては、物件に対するリフォームなども行っているのですが、その際にはローンを組むケースが大変多いのです。

またアパート物件などを購入する時にも、ローンを組むケースが非常に多いでしょう。それで銀行と相談をしているオーナーの方々も、しばしば見られます。ところがFXの場合は、そのようなケースは極めて稀ですね。あくまでも現在の自己資金を増やす事になり、ローンを組むような事はほとんどありません。またFXでは、たとえ含み損が発生した場合でもローンが残ることも無いのです。

家賃収入による資産運用でローンの借金が残ってしまっては、後々で大変な事になるでしょう。ローンの返済をする為に苦しんでいる方も、多く見られるのですね。それが無いのが、FXのメリットの1つだと思います。ですので不動産投資よりは、ある意味FXの方がメリットが大きいでしょう。