投資信託よりもスピーディーな出金が可能なFX

By: Thomas8047

資産運用でポイントになる点の1つは、最終的にお金を受け取る為のスピードです。できるだけスピーディーに受取たいと思う方々も多い訳ですが、資産運用の商品によって、それも異なってくるのですね。
ちなみに数ある商品の中でも、FXなどはかなりスピーディーな傾向があります。なぜなら金融会社によっては、相当なスピードで換金をする事ができるからです。

例えばある金融会社では、即日の換金をする事ができます。その金融会社で売買を行った日が、例えば12月の11日だったとしましょう。それで利益が発生して、当日中に決済をしたとします。それで当日中にお金を引き出すことができる金融会社も、中には見られるのです。営業時間などに関する様々なルールはありますが、所定の時間までに手続きを行えば、当日中に引き出しができる会社も中には見られます。

ところが他の投資商品の場合は、それが難しい事も多々あるのです。その代表的な投資の1つが、投資信託になります。それはかなり日数がかかると考えた方が良いでしょう。例えばある投資信託の場合は、解約までには最低5営業日くらいを要します。ですので上記のように11日に解約の手続きを行ったとしても、どれだけ早くても16日位になってしまうでしょう。しかも日数ではなく営業日になりますので、状況によっては18日などにずれ込んでしまう可能性もあります。それだけ多くの日数がかかる訳ですから、いち早くお金を受け取りたい方にとっては、少々不便な一面があります。

ところがFXという商品の場合は、前述のような状況なのですね。したがって数ある金融商品の中では、出金スピードに大きな特徴があるとも言えるでしょう。ただし全てのFXの会社にて、上記のようなスピードが実現できる訳でもありません。やはり金融会社によって色々と違いがあり、中にはもう少し日数を要する所も見られる訳ですね。しかしそれでも、投資信託に比べれば圧倒的に早いです。やはりそのスピードは、FXの大きな魅力の1つと言えます。