ビジネスローンの審査について

ビジネスローンを利用出来る企業といえば、これまでは一部の大企業に限られた融資の方法と認識されていました。しかし、歴史的な低金利が続く中、銀行や金融機関の中には中小企業向けの融資の方法の一つとしてビジネスローンを適用する企業が出てきたことで、今では中小企業でも気軽に利用することが出来る資金調達方法となりました。ビジネスローンは金融機関によって概要は変わってはきますが、一般的に保証人が不要です。また、担保が不要と設定されている金融機関も多く、資金調達の方法としては中小企業側に有利な内容となっています。保証人も担保も不要なのであれば、審査基準がとても高いのではないかとお考えになる企業経営者の方もいらっしゃることでしょう。当然無審査でビジネスローンを利用することは出来ません。金融機関によって求められる提出書類は異なってきますが、決算書に関してはどの金融機関も審査に利用します。(ビジネスローンの審査を徹底解説

今からビジネスローンを貸し出すかどうかを判断するにあたり、その企業が赤字なのか、黒字なのか、どういった事業規模でこれから採算がとれるビジネスを展開していけるのかを判断します。審査基準に関しても銀行や信託銀行、また借り入れを予定しているビジネスローンの金額によっても変わってきます。また、金利に関しては扱う金融機関によって変わってきますが、一般的に銀行系のビジネスローンの方が金利が低いとされています。ただ、金利を低く設定している金融機関の方が審査基準を厳しくしている場合が多いので、提出を要求される書類が増えたり、審査や面談に時間をかける傾向があります。しかし、会社の行方を預かる企業経営者にとっては、少しでも低い金利で資金を調達したいことに変わりはありません。審査が通らないのではないかと申し込みを行う前にしり込みをしてしまうのではなく、まずは申し込みを行って、金融機関にビジネスローンが利用可能か判断してもらうようにしましょう。