家賃収入と違って借金が残るリスクはとても低い

By: Jennifer C.

近頃では、家賃収入に興味を覚えている方も増えつつあります。退職金などを用いて、効果的な資産運用を考えている方々も多い訳です。確かに家賃収入は、ある意味で大きなメリットがあるとも考えます。上手く行けば多くの収入が入ってくる可能性はありますので、それでお金を増やしたいと思っている方も多い訳ですね。まして最近では、日本の銀行口座の金利もかなり低めになっています。銀行によってはほとんどゼロに近いほどの金利なのですから、やはり家賃収入に興味を覚えるのも自然な発想ですね。

そして家賃収入は、よくFXと比較されます。どちらも資産運用の目的がありますので、果たしてどちらを選べば良いかとの問題が浮上する事も珍しくありません。それにも様々な意見はありますが、少なくとも負債が残る確率が低いという意味では、FXの方がメリットが大きいと思います。なぜならその金融商品では、基本的には借りる事がほぼ無いからです。実はFXではなく家賃収入を目的とした方法の場合は、お金を借りるケースは案外多いのです。というのも物件を綺麗な状態にしない事には、なかなか入居者が集まらない傾向があります。ですので人によっては、物件に対するリフォームなども行っているのですが、その際にはローンを組むケースが大変多いのです。

またアパート物件などを購入する時にも、ローンを組むケースが非常に多いでしょう。それで銀行と相談をしているオーナーの方々も、しばしば見られます。ところがFXの場合は、そのようなケースは極めて稀ですね。あくまでも現在の自己資金を増やす事になり、ローンを組むような事はほとんどありません。またFXでは、たとえ含み損が発生した場合でもローンが残ることも無いのです。

家賃収入による資産運用でローンの借金が残ってしまっては、後々で大変な事になるでしょう。ローンの返済をする為に苦しんでいる方も、多く見られるのですね。それが無いのが、FXのメリットの1つだと思います。ですので不動産投資よりは、ある意味FXの方がメリットが大きいでしょう。